Top >  レーザー脱毛 >  レーザーのしくみ

レーザーのしくみ

レーザー脱毛を正しく理解するためにも、レーザーのしくみをしっておきましょう。
レーザーは原子力、トランジスタと並んで20世紀の三大発明のひとつです。
1960年にアメリカのメイマン博士が発明しました。宝石のルビーを使用してレーザー光を発振させることに成功したのです。
LASERとは「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の略で、「放射の誘導放出による光の増幅」という意味です。
わかりやすくいうと、「特殊な装置で発生させた人工的な光」です。

<レーザーの特徴・性質>
・単一の波長
太陽光をプリズムにあてると、赤・橙・青・藍・紫・黄・緑の七色の波長を発します。
小学校の頃の理科の授業でほとんどの方は体験されているはずです。
これに対し、レーザーの光は単一の波長(単色光)です。
単一の波長であることにより、特定の色にのみ反応することができるのです。

・特定の色に反応する
前述の通りレーザーは単一の波長なので、ひとつの色のみに反応します。
例えば、シミやアザを除去する治療の場合は赤・茶色に反応するレーザーを使用します。
様々な色があるシミやアザですが、 メラニン色素の『茶色』と血液中のヘモグロビンの色である『赤』の2色の色素でできているからです。
ムダ毛を脱毛するときには、毛根の黒いメラニン色素に反応するレーザー光を使用します。
レーザー光を黒いメラニンが吸収し、発熱、そして破壊されます。周辺の皮膚には影響を与えません。

・拡散しない
通常、光は拡散します。車のライトや懐中電灯の光などを思い出していただければわかりやすいと思います。これに対し、レーザーは一定方向に向かって光を発振し、どこまでいっても拡散(広がらない)しません。

・集光性に優れている
レーザー
レーザーは拡散しないことに加え、集光性も優れています。レンズを用いることで、光を一点に集中することができます。当然、エネルギーも一箇所に集中します。レーザー脱毛の場合は、毛乳頭にピンポイントで高密度エネルギーを照射します。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

レーザー脱毛

現在の脱毛の主流になりつつあるレーザー脱毛。 エステサロンや、医療機関でも「スピードがあり痛くない」という事を強調しているところが多いです。しかし、価格競争も激しく、なかにはしっかりとした施術を行っていないところもあります。しっかりとした予備知識を身につけトラブルを回避し、スベスベ肌を手に入れましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。