Top >  レーザー脱毛 >  レーザー脱毛の歴史

レーザー脱毛の歴史

レーザー脱毛はアザ、シミ、ホクロを除去するレーザー治療が原点となっています。
目の周りのアザを除去する治療をしたときに、偶然にも眉毛が生えてこなくなったのです。
これに注目したアメリカのハーバード大学のロックス・アンダーソン博士が研究を開始しました。そして『選択的光熱治療』の論文を発表したのです。
当初、レーザーを皮膚のメラニンに反応することなく、毛根のメラニンのみに反応させ破壊するということは非常に難しかったのです。
この研究を引き継いだのが、同じハーバード大学のメラニー・グロスマン博士です。
1996年、グロスマン博士は、ついにルビーレーザーによる脱毛に成功しました。レーザー光で皮膚を傷めることなく、毛根を破壊することができたのです。
しかし、このルビーレーザーはメラニン色素の少ない白人向けだったため、日本人には適していませんでした。日本人はメラニン色素が多いため、そのまま利用すると皮膚にヤケドを負ってしまいます。

そこで1997年、アメリカで日系人の物理学者フルモト博士が日本人のようにメラニン色素が多くても使用できるレーザーの開発に成功しました。
これがアレキサンドライトレーザーです。FDA(米国食品医薬品局⇒日本における厚生労働省)からも認可を得おり、あっという間に普及しました。

このようにレーザー脱毛が急速に普及したのはこの10年で、歴史としてはまだまだ浅いです。
そのため、レーザー脱毛を永久脱毛と呼ぶには時期尚早です。(永久脱毛=毛根を破壊し再生不可能にすること)もっと色々な事例が必要なのです。
針脱毛は120年以上前にアメリカで逆さまつ毛を治療するために誕生し、日本でも長い歴史があります。
そのため永久脱毛=針脱毛なのです。レーザー脱毛は“半”永久脱毛といったところでしょうか。
ちなみに、アメリカでは電気脱毛協会というものがあります。
この協会では 『最終的な脱毛をしてから1ヵ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める』という定義があります。
しかし、日本にはまだこういったはっきりとした定義はありません。
日本の脱毛業界の発展はこれからなのです。そのためしっかりとした正しい知識が必要なのです。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

レーザー脱毛

現在の脱毛の主流になりつつあるレーザー脱毛。 エステサロンや、医療機関でも「スピードがあり痛くない」という事を強調しているところが多いです。しかし、価格競争も激しく、なかにはしっかりとした施術を行っていないところもあります。しっかりとした予備知識を身につけトラブルを回避し、スベスベ肌を手に入れましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。