Top >  レーザー脱毛 >  レーザー脱毛の原理

レーザー脱毛の原理

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、レーザーが特定の色に反応する性質を利用しています。
レーザー光を皮膚下3~4㎜にある毛根の黒いメラニンが吸収します。そして発熱し、毛乳頭を破壊します。これにより毛が再生しないようにします。
周辺の皮膚には反応しませんが、毛根をヤケドさせているので多少の痛みはあります。
個人差はありますが、毛根が太い部位ほど痛みは強く、輪ゴムでパチンとはじいたような感じです。

レーザー1回/秒あたりの照射範囲は直径1~1.5cmです。1分間では照射範囲が60倍になります!
円形での照射なので、円と円の間にどうしても隙間ができてしまいます。この隙間の部分の毛は一回では脱毛することができません。(最近では照射面が四角のレーザーもあります)
レーザーといえども一回の照射だけで全ての毛は処理できません。円照射のための隙間ができてしまう理由もありますが、休止期の毛根にレーザーが反応することができなからです。
「レーザーを一度照射したのに毛がまた生えてきてしまった…」
このようにおっしゃる方は意外と多いのですが、これはレーザーで脱毛した毛が生えているのではなく、休止期の毛が生えてきているのです。

このように休止期の毛が生えてきたら2回目以降の施術を受けるタイミングです。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

レーザー脱毛

現在の脱毛の主流になりつつあるレーザー脱毛。 エステサロンや、医療機関でも「スピードがあり痛くない」という事を強調しているところが多いです。しかし、価格競争も激しく、なかにはしっかりとした施術を行っていないところもあります。しっかりとした予備知識を身につけトラブルを回避し、スベスベ肌を手に入れましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。