Top >  レーザー脱毛 >  レーザー脱毛のマシンの種類

レーザー脱毛のマシンの種類

<脱毛に使用されるレーザー>

・ルビーレザー
アメリカでレーザー脱毛用に最初に開発された機種です。メラニン色素に対する反応率が非常に高いため白人向けです。日本人の脱毛には向きませんが、シミ、アザ、ホクロの除去には適しています。


・アレキサンドライトレーザー
(できれば写真欲しい)
1997年、アメリカで日系人の物理学者フルモト博士が開発しました。
アレキサンドという宝石を媒質としてレーザーを発振します。(媒質=光を発振させる媒体となる物質)
ルビーレーザーに比べてメラニンに対する反応率は低いため日本人向けです。
現在、日本国内ではこのアレキサンドライトレーザーが主流です。FDA(米国食品医薬品局⇒日本における厚生労働省)の認可もおりています。
レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射できるものもあり、脱毛部位へのダメージをより軽減します。
キャンデラ社やサイノシュア社のもが有名です。
脱毛意外にはタトゥー除去の治療にも使用されています。


・ダイオードレーザー
半導体レーザーともいわれています。アレキサンドライトレーザーよりも痛みがやや強いという方が多いです。しかしレーザー照射と同時に冷却装置から冷却ガスを噴出しますので、痛みを緩和することができます。FDAの認可もおりています。


・エピライト
『INTENSIVE PULSE LIGHT』通称IPLと呼ばれています。
厳密にはレーザーとはいえませんが、レーザー脱毛にも使用されています。
出力を落としてエステなどにも販売されています。エステでの光脱毛やレーザー脱毛はこのエピライトであるケースが多いです。
脱毛のほかにはフォトフェイシャルに使用されています。


・スーパーオーロラ
IPLという特殊光+高周波の組み合わせがスーパーオーロラです。
白髪や産毛、細い毛など、メラニン色素が少ない毛にも反応し処理することが出来るのが特徴です。通常、メラニン色素が少ない部位はレーザーの出力を上げなければいけないため、ヤケドなどのリスクも高まります。しかしスーパーオーロラならば肌を傷めることなく脱毛することができます。


<脱毛以外のレーザー>

・炭酸ガスレーザー
炭酸ガスを媒質とし、水に吸収されやすいのが特徴です。そのためレーザーメスとして切開に使用されています。
その他にはアザ、ホクロ、イボ、ウオノメの除去やシワ取りに使用されています。


・YAGレーザー(ヤグレーザー)
炭酸ガスレーザーとは反対に水に吸収されにくくメラニンに反応するタイプです。
アザ、ホクロ、タトゥーの治療に使用されています。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

レーザー脱毛

現在の脱毛の主流になりつつあるレーザー脱毛。 エステサロンや、医療機関でも「スピードがあり痛くない」という事を強調しているところが多いです。しかし、価格競争も激しく、なかにはしっかりとした施術を行っていないところもあります。しっかりとした予備知識を身につけトラブルを回避し、スベスベ肌を手に入れましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。