Top >  レーザー脱毛 >  レーザー脱毛の流れ~カウンセリング~

レーザー脱毛の流れ~カウンセリング~

・電話予約
まずは電話予約。初めて電話すると緊張しますが、恥ずかしがることなど何もありません。
人気のあるクリニックなどは、予約がなかなか取れない事もよくあります。
それくらいレーザー脱毛は一般的になってきています。
ネットや情報誌などで複数の施術機関を候補に上げていくことをお勧めします。

カウンセリング前には事前に質問事項を準備しておき、不安や疑問をクリアにできるようにしておきましょう。
例)
「どれくらいのレベルまで脱毛したいのか」
「産毛や、細い毛も脱毛できるのか」
「脱毛期間はどれくらいかかるのか」
「金額はいくらくらいかかるのか」
「料金システムはどうなっているのか」
「脱毛を途中でやめた場合の返金は」
「どのようなトラブルが想定されるのか」
「万が一のトラブルがあった場合の治療費などは負担してもらえるのか」
etc…

またカウンセリングの1ヶ月間は毛抜きによる自己処理はストップしましょう。テスト脱毛をするので毛根を残しておくことが必要です。カミソリはOKです。しかし2,3日前にはカミソリでの処理もストップして毛を少し伸ばし、毛質をチェックしてもらえる状態にしておきましょう。


・カウンセリング当日
まず医師から、
「現在病気にかかっているか?」
「過去に大きな病気、入院をしてことがあるか?」
「現在、処方されている薬、常用している薬があるか?」
「アレルギーはあるか?」
など聞かれます。基本的には病院の初診の時と同じような質問を受けます。
そしてレーザー脱毛に関する一通りの説明をうけます。
不明点、疑問点は徹底的に質問してください。その時の医師の対応でそのクリニックの良し悪しなども判断できると思います。
施術を受ける上で医師や、看護師との相性は非常に大切です。こちらの疑問や不安をクリアにすると同時にクリニックが信用できるか否か確認するためだと考えてください。衛生面などもしっかりチェックしましょう。


・毛と肌のチェック
医師に毛質(硬い・柔らかい・真っ直ぐ・縮れている)、毛量、肌質(色の白さ・色素沈着の有無・皮膚の厚さ)などをチェックしてもらいます。このチェックで、きちんとした施術回数・料金がわかるはずです。
肌の色によってレーザーの強さはマチマチです。また同じ人でも部位によってメラニン色素の含有量はバラバラです。極端ですが、顔とビキニラインは全く違いますし、同じ顔の中でも差があります。
医師が毛と肌をしっかりと確認し、看護師にレーザー出力の指示を出します。
脱毛を医師自ら行うクリニックもあるかもしれませんが、ほとんどの場合、医師は診察のみです。実際の施術は看護師が行います。


・テスト脱毛
いよいよテスト脱毛です。レーザーをテスト照射します。『試し打ち』などとも呼ばれています。クリニックによっては希望者のみのところもありますが、必ずやりましょう。百聞は一見にしかずです。
最終的にレーザー脱毛をするかどうかを決定する重要な判断材料になります。
テスト脱毛では、レーザー出力の強弱調整や、痛みのレベル、照射後の肌の状態を確認します。
このように、 一度のカウンセリングで理解できること、クリアになることはすごく多いです。不安な部分も払拭されます。面倒くさがったり、恥ずかしがったりせずにアクションを起こし、美を手に入れてください。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

レーザー脱毛

現在の脱毛の主流になりつつあるレーザー脱毛。 エステサロンや、医療機関でも「スピードがあり痛くない」という事を強調しているところが多いです。しかし、価格競争も激しく、なかにはしっかりとした施術を行っていないところもあります。しっかりとした予備知識を身につけトラブルを回避し、スベスベ肌を手に入れましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。