Top >  レーザー脱毛 >  レーザー脱毛の痛み・脱毛時間・脱毛期間

レーザー脱毛の痛み・脱毛時間・脱毛期間

<痛み>
レーザー脱毛のメリットの大きなひとつとして痛みが弱いことが上げられます。
肌へのダメージは少ないですが、毛根を破壊するので痛みはあります。
その痛みは「輪ゴムで肌をパチンとはじく感じの痛みと似ている」とよく例えられます。
もちろん個人差もあり、もっと痛みを感じる人もいれば、ほとんど無痛の人もいます。中には「くすぐったくてそれを我慢するが大変でした」と言う人もいます。

また、レーザーの出力を強くすれば脱毛効果は上がりますが、それだけ痛みも増します。
出力は、肌の状態と痛みに耐えられるか否かで調整します。
痛みを感じやすい人はどうしても出力が弱くなるので、それだけ脱毛終了期間が長引いてしまします。

その他にも痛みが強くなるケースは、毛が太く濃い部位や毛乳頭が肌の深い位置にあるときです。


<処理時間・処理期間>

・両ワキ
処理時間:5〜10分
処理期間:6回前後
ワキは毛の生え方が斜めや垂直などばらつきがあるので非常に処理しにくい部位です。しかし、レーザー脱毛ならば非常に短時間で済みます。だいたい5回ほどでキレイに処理することができます。遅い人でも、7、8回でキレイになるでしょう。
またレーザーがワキの臭いの原因であるアポクリン汗腺にも作用するので、ワキガを軽減する効果があるといわれています。

・両腕(肘より下)
処理時間:20〜30分
処理期間:6回前後

・両二の腕
処理時間:15〜20分
処理期間:5回前後

・両モモ
処理時間:20〜30分
処理期間:6回前後

・両膝下
処理時間:20〜30分
処理期間:6回前後

・背中
処理時間:30分前後
処理期間:6回前後

・ビキニライン
処理時間:5〜10分
処理期間:6回前後
毛が寝ていて横に生えており、しかもカールしているので非常に自己処理しにくいです。

・顔
処理時間:5〜10分
処理期間:8回前後
時間がかかる部位のひとつです。
ワキや腕、脚、ビキニラインなどの場合は、看護師が照射することがほとんどですが、顔の場合はデリケートなので医師が直接、照射することが多いです。
施術回数は8〜10回です。
顔の毛がきれいに処理されると顔の色が明るくなり、ファンデーションののりもよくなます。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

レーザー脱毛

現在の脱毛の主流になりつつあるレーザー脱毛。 エステサロンや、医療機関でも「スピードがあり痛くない」という事を強調しているところが多いです。しかし、価格競争も激しく、なかにはしっかりとした施術を行っていないところもあります。しっかりとした予備知識を身につけトラブルを回避し、スベスベ肌を手に入れましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。