Top >  ムダ毛の自己処理 >  ムダ毛をカミソリ・シェーバーで処理

ムダ毛をカミソリ・シェーバーで処理

<カミソリ>
カミソリでムダ毛を処理している人は一番多いのではないでしょうか?

メリットは、
・時間がかからない
・痛みがほとんどない
・コストがかからない
ことだと思います。

デメリットとしては
・毎日剃らなければいけない、長持ちしない
・すぐに新しい毛が生えてくる
・ポツポツ、チクチクしてしまう
・毛が太くなる
・カミソリ負けして肌が荒れる⇒色素沈着などの原因になる
ことなどがあげられます。

『毛が太くなる』ということに関しては色々なことが言われています。
よくTVなどでは、「剃った毛は実際には太くなっているのではなく、切断された毛の断面の面積がそうでない毛より広いため、太く濃く見えてしまうだけ」などと説明されていたりします。

しかし、「何度も剃ることにより、皮膚が刺激され血行がよくなる。その結果、体毛の成長を促進し、毛が濃く太くなってしまう」とも言われています。

私の経験からも後者のケースのほうが非常に多いのではないかと思います。

・注意点
『逆剃りは控えめに』
カミソリで剃る時は、毛の流れにそって使用してください。深剃りをしたいため、どうしても逆剃りをしてしまうと思います。逆剃りは肌を特に傷めます。
傷めた毛穴から細菌が入ると化膿して、毛嚢炎になってしまうこともあります。
逆剃りは仕上げの一度くらいにとどめておくのがよいでしょう。

『保湿はしっかりと』
カミソリで剃ると、毛といっしょに肌の表面も剃っています。
これが、かさつきや乾燥、炎症の原因になります。冬場などは特にかさつきます。
処理した後にはローションや乳液などをたっぷりと塗り、保湿してください。

『カミソリはこまめに取り替える』
カミソリの刃はこまめに取り替えてください。皆さんが思っている以上に、刃はこぼれやすいです。切れ味の悪い刃で処理すると肌を傷めます。錆びているものなどもってのほかです。肌を傷めると炎症の原因になります。
両膝下を処理したら取り替えるくらいが調度良いでしょう。


<シェーバー>
シェーバーも基本的にカミソリと同じです。
人によっては、カミソリよりシェーバーの方が肌に合う方もいます。
価格も安いので両方試してみて肌に合うほうを使用するとよいでしょう。


<軽石>
指の毛などを処理することに使用するヤスリ・軽石のような商品があります。
ついつい力を入れてこすってしまうので肌が真っ赤に腫れてしまうこともあります。
お風呂場などで気軽に使えますが、こすりすぎには注意してください。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

ムダ毛の自己処理

剃る、抜く、脱色するetc… ムダ毛を処理したことがないという女性の方はいらっしゃらないと思います。 例えばこのムダ毛処理を週に1回、30分かけ、30年間継続したと仮定すると…30分×4週間×12ヶ月×30年間=720時間
こんなにも時間を費やしているのです。 毎日処理している人もいるでしょうから、ムダ毛のためにかなりの時間を浪費していることになります。 しかも、この自己処理は根本的な解決にはならず、永遠に終わりはありません。 そうはいっても、経済的、時間的な理由もあるので自己処理に関する正しい知識を解説させて頂きます。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。