Top >  様々なレーザー治療・美容 >  痔の治療

痔の治療

痔…聞いただけで、痛々しいイメージがこみあげてきます。レーザーのおかげで痔の治療方法の選択肢も多くなりました。

<痔の原因>
・長時間、立った状態や、座った状態が続くと肛門部周辺の静脈が圧迫され血液の流れが滞るため
同じ姿勢を長時間続ける仕事は痔になりやすいです。(タクシーやトラックなど長時間の車の運転をする方、デスクワークなど)また下半身の冷えも血行が悪くなり痔の原因になります。

・ 便秘や下痢などによる排便時の肛門への負荷
便秘になると、固い便を力んで排便するため肛門に負荷がかかります。 下痢の場合も排便回数が多くるため肛門に負荷

<痔の種類>
・痔核(じかく)
私達がイボ痔とよぶのが痔核(じかく)のことです。痔の中では最も痛みを伴い、患者数も多いです。年齢とともに増加する傾向があり、50歳以上の人は半数以上が痔核をもっているともいわれています。
痔核は肛門周辺の静脈のうっ血が主な原因です。症状としては、腫れや出血、強い痛みを伴います。軽度の場合は自覚症状がありません。そのため悪化してしてしまうことが多いです。少しでもおかしいと思ったら恥ずかしがらずに診断してもらいましょう。

・裂肛(れっこう)
キレ痔とよばれているのが裂肛(れっこう)のことです。排便時に力み過ぎが原因です。症状は痛みや出血です。

・痔瘻(じろう)
アナ痔とも呼ばれています。 肛門腺に細菌が入り、炎症を起こします。そしてこの炎症が原因で膿がでてしまいます。排便に関係なく痛みを伴い、排便時には痛みがさらに強くなります。


<治療方法>
これまでは患部を切除する方法がとられていましたが、痛みや術後の出血も多く、入院期間も2週間前後と長かったです。レーザー治療では患部をレーザーメス(ヤグレーザーを主に使用)によって切開し切除します。レーザーの熱により、切開と同時に血管を凝固するため出血が少ないです。
レーザー治療のメリットとしては、
・出血がほとんどない
・手術時間が短時間
・痛みがほとんどない
・入院期間が短い(日帰り~2日間ほど)
・再発の可能性が低い
などが上げられます。
このように患者さんへの体の負担もレーザーにより大幅に軽減されるようになりました。

↓銀座カラーは2,000円(3回)で選べる脱毛キャンペーンが人気♪
銀座カラー 脱毛キャンペーン

様々なレーザー治療・美容

レーザー脱毛以外にも、様々なレーザーを用いた治療・美容があります。 フォトフェイシャルやフォトオーロラ、サーマクール。ホクロの除去や歯のホワイトニング、歯周病の治療。鼻炎や花粉症、いびき、痔の治療etc…これらについて解説させていただきます。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。